Pocket

穏やかな田舎町にまさかの大惨事

8月14日(月曜日)、460人の住民が暮らす穏やかな田舎町、フランス東部・セット・ソールで悲劇が起こりました。BMWを運転していた男性が、意図的にピザ屋に突っ込み、13歳の女の子の尊い命を奪い、13人もの負傷者を出すという大惨事です。この男性は近頃、精神的に不安定で、薬物反応も陽性であったと地元メディアは公表しております。前日に、自殺目的で薬を服用し、翌日の運転時には自分自身をコントロール不可能であったと彼は語っているようです。(フィガロ紙の記事を参考に日本に訳しました。こちらをご覧ください)

 

ブリジット・マクロン仏大統領夫人へ「ファースト・レディ」待遇か?!

フランスには、「ファースト・レディ」の地位が自動的に大統領夫人に与えられるという制度は存在しない。『ザ・ガーディアン』紙によると、フランス政府は正式に「ファースト・レディ」の役割を設定しないことを発表した。それに伴い、ブリジット夫人が今後も「ファーストレディ」待遇を受けることなく、公的な役職を担うことはないという。今年5月に就任したマクロン仏大統領の夫人ブリジットさんに、公費で専属スタッフを付けられるなど正式な「ファーストレディー」としての役割を認めるとの提案に対し、28万人が待遇に抗議する請願書に署名。請願書は、ブリジットさんには現在、秘書や警備要員を含め数人のチームが付いている事を指摘しており、「これで十分だ」「国民の代表を選ぶのは国民だけだ」と主張しているのが背景に伺える。

新学期へむけて高校生が揃えるべき物がハンパない金額に…

フランスの新学期(新学年)は9月にスタートをする。また県市町村や家族手当金庫からある特定の家庭に補助金が出るのもこの時期であり、文房具店や本屋には、揃えるべきリストを手にした親子で賑わっている。高校生ともなると、揃えておくべき文房具や本は多い。ノートを使う科目であったり、ファイルであったり様々。先生により三角定規がプラスチック製、メタル製と2種類をそろえなければならなかったそんな時もあったなぁと懐かしく思う。