フランス風にアレンジするならコテラック

Pocket

今話題のフランス新ブランンド

毎日のコーディネートは時間がかかり、厄介。マイナーセンスになりがち。

そんな時、何気なくショッピング?もいいですが、このブランドを知っておくとマル得です。

コテラックの誕生まで

素材もしっかりとした、カジュアルすぎない、フランス新ブランンド、コテラックをご紹介。

コテラックは、ピエール・ペルノッド氏(Pierre Pernod)とラファエル・カヴァリ氏 (Raphaëlle Cavalli)によって1993年にナンチュア湖畔のナンチュアと言う町で誕生。

ナンテュア (Nantua)は フランスのオーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地域圏、アン県にあり、ナンチュア湖の畔と石炭岩質の崖下にある町。671年、聖アマンが建てたベネディクト会派の修道院周辺に、定住地ができ、現在のナンチュアとなりました。当地のナンチュア・ソースが世界的に知られておりますよ。

素材へのこだわり

コテラックの洋服は、服地の取扱いが、職人業に近い綿密な製法で作られおります。衣服のフレア、プリント柄や象眼柄(象眼細工→金銀などをはめ込んだ美術細工の1種、のような感じにした柄の事。ニットウエアによく用いられる。はめ込み柄又はインターシア・パターンとも言う)等は、今日の手職より一層洗練された優れた技術です。

誕生後の急成長

レディースだけでなく、メンズも手掛け様になったコテラックはフランス人の間で大ブレイク。デザイナーのラファエル・カヴァリ氏とスタイリスト達によって2つのシルエットは作られました。2004年には、もう少し若いねんレ層をターゲットにした、姉妹店ACOTEも誕生。現在では、世界的に有名となり、フランスだけでなく、ヨーロッパ諸国やアジア諸国にも愛されるブランドとなりました。

パリのお店、レディースとメンズ

そんな、コテラックのお店を覗いてきました。

なんとも、素敵な洋服ばかりで目移りしてしまいます。気に入った洋服も幾つもありましたが、一気に大量購入とはいかなかった~、、、でも、素材は最高!試着して頂けるとよくわかるのですが、身体にフィットしてくる感じです。こちらの商品、殆どがお家での洗濯が可能であるのも嬉しいですね。

パリな事で大変恐縮なのですが、購入すると、次回の購入が割引となる割引券が必ずもらえるんです。期限限定とちょっと厄介ですが、お客様をしっかりと掴んでは離さないビジネスだなと感じました。

メンズもステキです。フランス風なコーディネートをしている男性に目を奪われてしまいますね。

 

日本店舗

コテラックは、日本でも店舗がありますよ。

コテラック 赤坂
〒102-0094 東京都千代田区 紀尾井町4-1 ホテルニューオータニガーデンタワー 1 階

コテラック 京都
〒604-8103  京都市中京区柳馬場通三条上る 油屋町90アーバネックス三条1階