なんでこうなる?初カノとの対面記

Pocket

年頃の息子に彼女が出来た!


とっても嬉しく思う。

 だけど、息子の私への彼女の紹介の仕方が、、、 考えられない。たかが彼女。結婚相手でもないのに、紹介なんて、、、正直必要ない。
「彼女が変わる度に紹介すんの? 面倒だから。」と息子に言っても、
「初めてつきあいだした彼女だから、ママには紹介したい!」と言ってきた。
「( ´_ゝ`)フーン」。。。
それから、音沙汰なしだったので、頭の中から吹っ飛んでしまっていたわ。
とある週末、息子が出かけ際に「彼女と遊園地行ってくる!」とご機嫌で家を出た。「あら、そう。いってらっしゃい」と送り出したは良いが、
「ん?今夜の宿はどうなってる?」と思ったけど既に遅し。いつも説明不足な我が息子。ちょっと嫌な予感。

 朝寝坊をしてきた娘が「お兄ちゃんは?」と聞くから、「朝早く起きて彼女と遊園地」。
「その彼女、今夜何処に泊まるの?まさか、家じゃないよね?」と鋭いわが娘。
我が息子、実は遠距離恋愛をしていて、我が家はパリ市。彼の彼女さんは、リール市と言う北にご在住。紹介初日で、家に泊まるのはどう思います? 私は、嫌なんですよね~!
遊びに来るの構わないけど、泊まりは駄目と言っておいたのに、 予算がないとかでホテルも予約せずパリに来たんですよ! こんな小娘~、無謀過ぎる! 遊園地に2人で行ったはいいが、 その日の宿は未定。
息子なりに友人に聞いたりして彼女の宿を探してたらしいけど、もちろん回答は、NG。
藁にも縋る思いで、従妹に相談したら、地下室を勧められ、一夜をそこで過ごす事に決まったようですが、私は嫌!!年頃の娘が野宿なんて言語道断。
遊園地で遊んだ後、いきなり我が家に彼女さんを連れてきた。。。
私は、白髪染めの最中で、洗面所にいたんです。( ;∀;)
息子が、電話をくれたらしいけど、洗面所にいたから応答は出来なかったんですね。
頭にハットをかぶった瞬間に玄関ドアが開き、
「えっ!ママいたの?電話したのに何でとってくれない?」
「ここは私ん家。白髪染め中だから、電話鳴ってたの知らない。」
「彼女を連れてきたんだけど。。。」と言いながら、私がいる洗面所のドアを閉め、彼女さんに自分の部屋で待っているように指示。
「何で、朝出かける前に言わない?今夜の宿は確保したのか?」
「うん、地下室」と息子。「はい?地下室?何処の地下室?」
「叔母ちゃんのアパートの地下室。これから、叔母ちゃんのレストランで夕食を食べに行ってくる」「叔母ちゃんは知っているの?」
「…知らない。従妹に聞いただけ。でも彼女はそれで良いって言ってるし、明日には帰るから。」愕然とした… アパートの地下室とは、コンクリートで囲われて窓はない。勿論トイレなど無い、いわゆる物置。そこに椅子を二脚、従妹に用意してもらって、座って一夜を過ごそうと思っていたらしい。呆れて言葉を失った。
想像できるんだよね~。息子が彼女の肩に腕を回し、彼女が息子の肩に寄り添い、一生懸命寝るのをこらえている息子の姿。それか、彼女が息子の膝の上に頭をのせて寝て、息子は頭をカクリカクリとさせながら、寝るのをこらえている姿を。情けない。。。
白髪ハットを頭に3人で話し合うなど、恥ずかしくって出来やしない。「30分後に呼ぶから、部屋で待ってなさい」と私はリビングへ直行。
即座に友人へ、ヘルプのメッセージ。
すると、「落ち着いて! 3人でよく話し合ってね。」
ここまでは、良かった。「パリに来てまで、宿が地下室?青春だね~」と他人事。
「2人で一緒に過ごせれば、寝る場所は何処でもいいんだって」と友人にメッセージを送ると、
「なんだか、若いホステス相手にごねてる客みたい。白髪ハットを頭にかぶったままで話し合えば良かったじゃん。その方が、どんなに間が悪い所に出くわしたかがその彼女さんにわかるんじゃん」((´∀`))ケラケラ
第一段階白髪染め30分後、頭を洗い流し、ドライヤーで乾かしてから、3人で話しました。
息子の彼女は3歳年上の22歳。「パリまで来て、宿が地下室? 本当にあなたはそれでいいの?トイレも無いし、横になれるベットも無いの。親御さんはご存知なの?ホテルは予約してないの?」と聞くと、隣に座っている息子の膝を撫でながら、俯いて「う~ん。地下室で構わないんです。ホテル代もなかったので予約してないんです。」何だか、とってもシャイな彼女さん。
「私が彼氏に同じ事されたら、即終わりよ。今夜は泊めるけど、次回はよく予定を立ててから来て下さい」と息子本人の前で、彼女さんに言っておきましたけど、22歳なのに、 なんでこんな事になるのか?!
会いたいのはわかるが、自分を大切にしてもらいたいものです。
その後、2人は、電車に乗って、義理の姉のレストランに夕食を済ませに出かけたが、私の白髪染め第二段階中に、玄関のドアがガチャガチャと開いた。白髪ハットを頭にかぶってたのを彼女さんに見られたけど、もういい!「もう帰ってきたの?早いじゃない。お腹いっぱいになったの?」と2人に声かけると「今日彼女は、朝6時に起きてバスに乗り、3時間かけてパリに来た。遊園地で一日中歩き回ったからとっても疲れているんだ。」と息子。
白髪染めが終わったので、洗い流して、ドライヤーで乾かしていると、息子が駆け寄ってきて、
「彼女が寝ているから、静かにして!」だって。
お前に説教されたかないわ!!