引きこもり? 息子との就職活動 その1

Pocket

歯車がどこで狂ったのだろうか

「自分が何の勉強をしたいのか、何の職を目指したらよいのかわからない」そう言って既に何年も経つ息子。
学年末最後のテストで点数が一定値に足りず、資格が取れなかった。毎日の様に予習・復習をし、それでも結果がうまくいなかったのなら、悔しい涙を流すのも良いと思うが、気が向いた時だけ勉強では、結果がこうなることは予測できていただろうに、考えが甘すぎるのではないか。テスト合格発表日、電話で「不合格だった」と告げた息子。その周りで、大声で喜ぶ他の生徒達の声を電話越しに聞こえたと同時に、息子がわーっと泣き出したのを今でも覚えている。その時、私は「勉強を一生懸命にやっていたのか、そうでなかったのかは自分でわかるでしょう。悔しいのなら、今の気持ちを忘れず、今度は地道に勉学に励めばよい」そう、励ましたのだがあの時の気持ちは何処へいってしまったのやら。

お湯、ぬるくないですか?

自分の部屋にこもる様になり、既に1年近くが過ぎてしまった。
今振り返ると時が経つのは、あっという間である。
1日24時間。それは、誰でも同じなのに、危機感が全くないのはどうしてなのだろうか。母子家庭で育ち、私の1年間の闘病生活も目のあたりにしてきたのに、「僕が頑張らないと」と助けてくれないものなのだろうか。フランスの学校の新学期は、9月。その前には、7、8月と長い夏休みがあったのだが結局、夏休みにバイトなどすることなく遊び惚けて終わってしまった。去年9月から学校と仕事を両立する、Alternance(例・1週間の間に学校(学業)月~水曜日の3日間そして職場(労働)を木・金曜日の2日間と交互にこなす事)をする予定だったのだが、面接に行った先々で落とされ、結局17社受けてどの会社にも雇ってもらえませんでした。私からすると、たかが17社と思うが、息子には相当ショックだった模様です。自分自身を否定された様に思えたんでしょうね。面接ってそういう所ですよねぇ~。面接官との相性もあるし、雇われて働きだしても結局自分が気に入らなかったって事もあり得る。たかが1時間弱の面接でその人の全てがわかるわけではない。逆に言えば、その短い面接でどれだけ自分を売り込む事が出来るかという事にもなるのだけれど。雇われてきた新人教育をしている私はよくわかる。「何でこんな子を雇い入れたのか?」と頭の中にいくつもの??が出来上がる時がある。やる気があって、覚えようとする姿勢がある人はいいが、何時までたっても受け身思考でいて「そんな事誰も教えてくれてない」と言う人は厄介です。

情緒不安定、積み木崩し期間

時間を見つけては息子と話す様にしていたけど、ウザイと思われ私の話すら聞こうとしませんでした。カッとなると、あっちっこっち家の壁や家具を蹴ったり、怒鳴り散らす。落ち着いて話し合いが出来る状態になるまで時間がかかり、大変だった去年の冬。何でも他人のせいにして、自分の非を認めない。本当は行きたい学校があってそっちの学校に行きたかったのに、私がおしつけたから、嫌々行ったと私のせいにする。学校の成績が悪いのも先生のせい。一昨年、テストに不合格でも、同じ学校の上級クラスに進むと自分で決めて申し込んだのに、それすら覚えていないのか、私のせいと怒鳴り散らされた。私は息子のやっている事全て気に入らないのだと…そう、息子は言った。確かに、自分でやると決めた事を、最後までやりとげないし、口先だけで、行動に起こさず文句ばかり言っているからですとハッキリ答えましたが、「私のせい?!、彼の人生は、私を満足させる為の人生か?」と無性に腹が立ってならなかった。親の顔色をうかがって、自分の思っている事を正直に話さない。何かにつけて、「やったのか?」と聞くと「やった」と返答してきて、やっぱりやれてなかったという事がよく続く為、嘘を嘘でかくし、本当が分からなくなっているのではないかと不安に感じる時があります。出来ないものは出来ない、知らないことは知らないと今素直に自分自身認められないのは、学べるものも学べないそう思う。そんな自分自身の人生、どう生かすかは自分次第。結果が悪いと人のせいにして、結果が良い時はここぞとばかり自慢する。なんて器の小さい…これから社会に出て、もまれて沢山怒られればよい。そうやって私も学んできたなあと自分を振り返る。息子と同じ年の頃、自分はどうだったか、両親に対してどんな態度だったのだろうかと考えさせられるなぁ。「自分自信の事をどう思う?本当にしたい事は何もないのか。」気持ちが収まるまで待ってから聞いてみた。答えない… 出来の良い妹と小さい頃から比べられてきて自信が持てないのはよくわかっている。だけど、妹は妹なりに日頃努力をしてきたから、学校の成績が良い。息子もやればできるのに、諦めるのが娘より早いだけ。続ける事が何より大事。「必ず結果として見えてくるから」そう思ってやってみるべきと言い聞かせてきてもう何年だろう。人生、何処へ行っても誰かと必ず比べられる羽目になるんだけどなぁ。今は、学校には興味がなく、正社員で働きたいらしい。しかし、履歴書送っているのか?と不思議でならないんです。送っているのか聞くと送っていると答えるのですが、1年近くも送り続けていたら、1社ぐらい面接に行ってませんか?1社からも面接呼ばれないのはなぜなの?

またもや、親ばかなんでしょうか

チョッとした事でも自分の意見が無いと感じる事がよくある息子。「今日の夕食は何が食べたいか?」と聞いても帰ってくる答えは、「べつに、何でもいい」この答えを聞くと、母の言葉を思い出す。「食べたいものが特にないのは、日頃贅沢をしているからよ」あの子の場合は、ただ、興味が無いだけなのではないかと思うけど。何をしたいがないのなら、何でもやってみて嫌だったら次の職を見つける。消去法しかないと私は思う。そこで、今は食事の準備をする時は、息子に部屋から出てきてもらって、料理を手ほどき。料理を実際に作ってもらう事にしましました。食後は交代で食器を洗う様にする。そうする事で、家の中でも自分の役割があるという事、何かを達成できる喜びを少しでも多く感じてもらえたらと思い再度チャレンジ。昔は、中々やってくれなかったんですけどね。私の粘り勝ちです。知らないよりは知っていた方が良いし、出来ないよりはできた方が自信につながるそう信じてます。自分で作った料理を誰かが食べてくれる喜び。出来上がった後、息子が「僕が作ったのだから、美味しいでしょう?」とちょっと不安げに聞いてきましたよ。料理も経験。試行錯誤を繰り返してその人の味が出来上がる。その日、息子が作った料理は家族で完食。息子の笑顔を垣間見る事が出来ました。

比べちゃダメでしょ

女の子より男の子は無口であることは確か。学校、友人等、自分のプライベートをペラペラ話す事が殆どないので、私から、「あれはどうした?これはどうなった?」って聞くのだが、ほっておくと何日も誰ともはなしていない?状態に陥ってしまう。小さい頃から義理の家族やその友人達、学校の先生達等、妹と比べられて育ってきた息子。娘を溺愛している夫は、行動もあからさまに娘を贔屓するとこもよくあり、子供達が小さい頃よく、夫とは口喧嘩をしたものです。その息子をかばい過ぎたのでしょうかね、そう自己嫌悪に陥ることもあるんですよ、私。最初の子供でもあるから、手探り状態だった子育て。子育てを相談できるママ友なんても近くにはおらず、悩みながら育ててきた。息子には、何か1つでもいいから、自分に自信が持てるものを見つけてくれたらどんなにいいだろうと切に願う一人の母親です。

堪忍袋の緒が切れる

いつか必ず自分で履歴書送って、面接行くって信じていても、心が折れる時がある。もう1年近く職を探していて、1社も面接行けてないってどういうこと?本当に履歴書送っているのか?(ー_ー;)
「働きたい会社のサイトから、自分のアカウントを作って履歴書送るんだけどやっているの?」と聞くと、
「何それ?」工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 もう堪忍袋の緒が切れる寸前!働く気があるのか?毎日の様にPCの前で、アメリカのドラマを見て過ごしている息子。家にいれば食には困らないし、支払いの事も問題はない、あわよくば、私が全てやってくれると甘い考えの息子を一人立ちさせなければ!息子も息子なりに履歴書送ることは続けてもらうが、私も私のやり方で、息子の履歴書を送る事に決めました。何100、何1000と送ることになるかもしれないが、職が見つかる迄送り続けるのであった。諦めてたまるものか~!

という事で今現在、1社も面接も行けてない息子。面接のお呼びがかかるのはいつの日か。乞うご期待